ruru's diary

rurulee.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 20日

プーノ

f0148302_2131059.jpg


6日目はクスコから
チチカカ湖のある
プーノへの移動です。
アンデスの山間の村を通り、
途中の休憩所には可愛い動物が。
この奥の建物には
モルモットのような動物も
飼われていましたが、
食用なんですって・・・。


f0148302_2121223.jpg



f0148302_21132139.jpg

オロペサ村の
名物のパン屋さん。
リマのパン・コンテストで
優勝したおばさんのお店。
食べてみましたが、
甘くて美味しかったです。


f0148302_21134446.jpg


入り口はこんな感じ。
パン屋さんというより民家?


f0148302_21222875.jpg


屋根の雰囲気は
どことなく沖縄っぽい。
しかもシーサーに似た飾りも!


f0148302_21232537.jpg




日干しレンガの神殿と円形倉庫群が残るラクチ遺跡。
f0148302_21241990.jpg



f0148302_21234951.jpg



f0148302_2125311.jpg



f0148302_21262100.jpg


観光地には必ず
お土産物屋さんの出店。
どこでも米ドルが使えます。
現地通貨、両替しないで
過ごしちゃいました。




f0148302_2114797.jpg

今回の旅行の最高標高、
4335mのラ・ラヤ峠!
なんとなく
空気の薄さを感じます。

町の雰囲気も
都会とはだいぶ
変わってきますね。



f0148302_21145437.jpg




シユスタニ遺跡。プーノ近郊に残る石塔のお墓。
f0148302_2116274.jpg



f0148302_21163741.jpg

ビクーニャの赤ちゃん。
この子の毛も
超高級ビクーニャの
セーターやストールなどに
なるんでしょうか・・・。
でもこのおばさんは
完全に観光用です。




f0148302_2117853.jpg

標高4000m。
シユスタニの
墳墓群の裏側には
鏡のようなウマヨ湖が。

夕刻なのでコートが
必要なほどの寒さ。
静かでちょっと暗いイメージ。


f0148302_21174392.jpg



翌日は待望のチチカカ湖です!
[PR]

# by rurulee | 2007-07-20 22:16 | 旅行
2007年 07月 17日

シンビジウム

先日のお花のレッスン、
テーマは「夏の花びん活け」です。
f0148302_182554.jpg


f0148302_18171153.jpg



シンビジウム
ジンジャー
パイナップルリリー
ミスカンサスホワイト
フィンガーズリーフなど。


f0148302_1818563.jpg



ゼリーがとっても涼しげ。
余ったシンビジウムと
自宅にあった
グリーンのキャンドルで
簡単なアレンジを
二つ作りました。





f0148302_18105265.jpg

[PR]

# by rurulee | 2007-07-17 18:20 | フラワーアレンジメント
2007年 07月 15日

ペルー旅行記④ クスコ

f0148302_1215314.jpg


マチュピチュの後はクスコへ戻りました。
宿泊したホテル、リベルタドールは元は政府官僚の邸宅、現在は5ツ星ホテルです。(地味に見えますけど・・・)
5日目の観光はそこからすぐのサント・ドミンゴ教会からスタート。インカの石組みが支えるカトリックの教会です。


f0148302_12215158.jpgf0148302_12221131.jpg



この日は郊外の遺跡を見に行きました。
途中高台から見下ろしたクスコの町。
f0148302_12224355.jpg


f0148302_12271628.jpg

インカ時代の祭礼場と言われているケンコー。石を組み合わせたのではなく、岩を削って作られているそう。
f0148302_1228544.jpg


半洞窟になっているところには皇帝の座った玉座やいけにえの台も。


クスコの北西にある堅固な要塞跡、サクサイワマン。
f0148302_12291724.jpg


f0148302_12353262.jpg

3層に積み上げられた巨石が22回のジグザグを描きながら360mに渡って続いています。
完成までに約80年くらいかかったという説も。
ここでもインカの石組みの素晴らしい技術を見ることが出来ます。


f0148302_123028.jpg


再び町へ戻り、アルマス広場へ。町の中心です。
f0148302_12581390.jpg


f0148302_12563310.jpg
広場に面して建つカテドラルはインカ時代のピラコチャ神殿の跡に建てられたもの。
下段左側の写真はラ・コンパーニア・デ・ヘスス教会。右側は「12角の石」があるアトゥンルミヨク通り。12角でも精巧にぴったりと接合させるインカの石組み技術の素晴らしさ。普通に壁の真ん中に組み込まれてますが、触れるのは禁止。


f0148302_1333394.jpgf0148302_1363164.jpg


f0148302_131350100.jpg
プレコロンビーノ博物館。
ペルーの博物館は古くてただ商品が大量に陳列してある感じですが、こちらは新しく出来たばかりなので、かなりモダンでお洒落。中にはとっても素敵なレストランもありました!


アルマス広場の夜景。
f0148302_13244126.jpg

[PR]

# by rurulee | 2007-07-15 13:30 | 旅行
2007年 07月 11日

ペルー旅行記③ マチュピチュ

f0148302_9591665.jpg

f0148302_958829.jpg


4日目は今回の旅行のハイライト、マチュピチュへ。
クスコから列車で行くのが一般的なようですが、私達は前日、標高3399mのクスコから体を慣らすために2800mのウルバンバへ移動し、そこで「カサ・アンディーナ」に一泊。お花がきれいなコテージ風のホテルです。


f0148302_10414.jpg
マチュピチュへの列車にはいくつか種類があります。
ハイラム・ビンガム・トレインは列車内でのブランチと帰路のカクテルディナー付き。さらにマチュピチュ・サンクチュアル・ロッジでのアフタヌーンティーも付いてます。


f0148302_1091266.jpgf0148302_1010880.jpg


f0148302_10112521.jpg

お料理美味しかったです!
食べ過ぎ注意なのに、ついデザートまで完食してしまいました。車内にはラウンジもあるし、生演奏なども。快適な時間を過ごせて、退屈しません。


f0148302_1021557.jpg

列車はマチュピチュへのインカ道とほぼ平行に走っているので、たまにトレッキングしてる旅行者が見えます。インカ道トレッキングのツアーは非常に人気が高いようですが、3泊テント暮らしは私には絶対無理。でも面白そうでした。


f0148302_10133315.jpg


アグアス・カリエンテス駅からさらにシャトルバスで30分ほどでマチュピチュの入り口へ到着。ロッジに荷物を置き、マチュピチュ遺跡見学スタートです。
f0148302_10274348.jpg


f0148302_1030482.jpg

マチュピチュの標高は2400m、高山病の心配はあまりないのですが、お天気が良いと日差しが強烈。帽子、日焼け止めと長袖必須でした。



f0148302_10333193.jpg


f0148302_10315396.jpg


マチュピチュの背後にそびえるのはワイナピチュ。

f0148302_10283875.jpg


上から眺めた後は実際に遺跡の中へ。

f0148302_10532647.jpg


f0148302_10563068.jpg


「神聖なる広場」と
「3つの窓の神殿」。



f0148302_1058187.jpg


高さ1.8mの日時計、
「インティワタナ」。
下左側の写真は
「コンドルの神殿」、
右側は段々畑です。



f0148302_10594577.jpgf0148302_110416.jpg


f0148302_1115192.jpg



f0148302_1131786.jpg


お天気にも恵まれ、
神秘的な空中都市を満喫!
大満足の一日でした。
[PR]

# by rurulee | 2007-07-11 11:35 | 旅行
2007年 07月 09日

ペルー旅行記② クスコ

f0148302_10262775.jpg
リマから空路にてクスコへ。
国内線のアエロコンドル、チケットが手書き。
リマは霧が多いためよく飛行機が遅れるようで、今回も1時間以上は遅れました。

標高3399mのクスコ、到着すると空気の薄さを感じます。体を慣らすために歩くのもゆっくり、焦らずのんびり行動。高山病予防の為、ここからは食事も腹八分目にして、タバコ、飲酒も控えたほうが良いそうです。走ったりも絶対だめ。(もともとタバコも飲酒も関係ない私は普段通りの行動で、食べ過ぎだけ注意しました~)






f0148302_10345584.jpg


クスコ到着後はアンデスの山道をウルバンバ川の谷間へと下っていきますが、途中アンデスの織物センターでリャマ、アルパカ、ビクーニャといった山の動物たちが。


f0148302_10335368.jpg



f0148302_10222876.jpgf0148302_1023214.jpg



f0148302_10232370.jpg


f0148302_10472639.jpg



ピサック市場。
民芸品や食料品、日用品などのお店が並んでいます。
この辺りまで来ると、地元の人々の服装もカラフルな民族衣装。



f0148302_10454969.jpg
f0148302_10463889.jpg

f0148302_10533153.jpg

f0148302_10543477.jpg



f0148302_1057583.jpg



f0148302_11111664.jpg

ウルバンバ川沿いに広がる渓谷、聖なる谷。
インカの要塞跡といわれるオリャンタイタンボ、巨大な段々畑のような遺跡の石段を登ると聖なる谷が見渡せます。


f0148302_11101555.jpg


見事な石組みの技術。剃刀の刃も通さない、隙間なくぴったりと石が重ねられています。


[PR]

# by rurulee | 2007-07-09 11:25 | 旅行